金融会社と銀行の違い

消費者金融や住宅金融会社、そして証券金融会社などがある金融会社ですが、特に比較的少ないお金を借りる際に多くの方が利用するのが消費者金融会社です。

この消費者金融会社は、同じ金融機関であっても銀行とは区別されるものです。銀行でもカードローンなど、一般の個人に対する貸付をおこなっています。では、銀行とこのような金融会社では、お金を借りる際にどちらが借りやすく、そしてお得に借りることができるのでしょうか?実際のところ、それほど大きな違いがないというのが正直なところです。

昔は「消費者金融は気軽に借りられる割に金利が高い、銀行はしっかりとした審査があり、だれもが借りられるわけではないが、金利が比較的安い」というイメージが大半でした。しかし現在では審査、そして金利ともに、あまり差はなくなってきています。また、NOLOANのように銀行に出向かなくても、インターネットで審査をし即日で借りられる金融会社もあります。インターネットが普及した今では、銀行へ行くよりも大変便利な時代となっています。そして、消費者金融会社と銀行の大きな差としては、総量規制が適用されるかどうか、というところです。総量規制は個人の借入金の総額を年収の3分の1に制限する法律ですが、銀行からの借り入れはその対象外となります。

インターネットで24時間リアルタイムお取引!
パソコン・ケータイから、手数料無料でご融資・ご返済が可能です。

しかし近年ではこの銀行と消費者金融の関係が変化しています。消費者金融が大手銀行のブランド力と信用力を頼って銀行の傘下に入り、銀行のグループ企業として消費者金融事業をおこなうということが増えたからです。