違法な金融会社

消費者金融は昔と違い、多くの業者が適正な営業をしています。「怖い」「法外な金利をとる」というのはもはや過去のものになりつつあるのですが、この消費者金融を含め金融会社のなかでも、違法な営業をしている業者は残念ながらまだあります。

では実際にどのような金融会社がどういった違法営業をしていて、その対策はどのようにするのがよいのでしょうか?貸金業をいとなむ場合は管轄の財務局長もしくは都道府県知事の登録が必要です。そのため、この登録をせずに営業している金融会社は違法といえます。金融会社から融資を受けようとする場合には、まずこの登録の有無を確認してから相談に行くほうが安全です。

そして違法な営業の例として多いパターンのひとつが法外な利率です。出資法では年20%の金利までしかとってはいけないといされているのですが、これを超えて金利をとっている業者も中にはあります。そのため、金利の利率に関しても借りる前によく確認することが大切です。また、債務者をおどすなどの方法によって債権を回収することももちろん違法です。暴力的な態度、そして大声、多人数での訪問や、正当な理由なく夜間に電話することなどは、はっきりと法律で禁止されていますので、このような取り立てに遭った場合は法的な措置をとることを検討しましょう。