カード現金化

金融会社のなかには、まれに悪質な営業をおこなっている業者も存在します。問題視されている金融会社の行為のなかでも、近年、話題になっているのが「クレジットカードのショッピング枠の現金化」というものです。これはいったいどういったものでしょうか?

このクレジットカード現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠でその業者から何らかの商品を購入し、それをその場で同じ業者が買い取って現金を渡す、という融資の方法です。一見、通常の「商品購入」と「中古品の買い取り」を合わせただけで、問題ないように思われますが実は多くの問題があります。

まず、買い取りの際に渡される現金は売値の何割かでしかありません。10,000円で購入して6,000円で買い取る業者があった場合、利用者が手にできる現金は6,000円であるのに対して、クレジットカードのショッピング枠には10,000円と利用手数料の返済義務が生じることになります。通常の消費者金融と比べても、とんでもなく高い利率の金利をとられているのと同じことになるのです。

そしてそもそもどのクレジットカード会社も、現金化を目的としたショッピング枠の利用は契約によって禁止していますので、その契約にも背くおこないということになります。