カード現金化

金融会社のなかには、まれに悪質な営業をおこなっている業者も存在します。問題視されている金融会社の行為のなかでも、近年、話題になっているのが「クレジットカードのショッピング枠の現金化」というものです。これはいったいどういったものでしょうか?

このクレジットカード現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠でその業者から何らかの商品を購入し、それをその場で同じ業者が買い取って現金を渡す、という融資の方法です。一見、通常の「商品購入」と「中古品の買い取り」を合わせただけで、問題ないように思われますが実は多くの問題があります。

まず、買い取りの際に渡される現金は売値の何割かでしかありません。10,000円で購入して6,000円で買い取る業者があった場合、利用者が手にできる現金は6,000円であるのに対して、クレジットカードのショッピング枠には10,000円と利用手数料の返済義務が生じることになります。通常の消費者金融と比べても、とんでもなく高い利率の金利をとられているのと同じことになるのです。

そしてそもそもどのクレジットカード会社も、現金化を目的としたショッピング枠の利用は契約によって禁止していますので、その契約にも背くおこないということになります。

  • コメントはまだありません

違法な金融会社

消費者金融は昔と違い、多くの業者が適正な営業をしています。「怖い」「法外な金利をとる」というのはもはや過去のものになりつつあるのですが、この消費者金融を含め金融会社のなかでも、違法な営業をしている業者は残念ながらまだあります。

では実際にどのような金融会社がどういった違法営業をしていて、その対策はどのようにするのがよいのでしょうか?貸金業をいとなむ場合は管轄の財務局長もしくは都道府県知事の登録が必要です。そのため、この登録をせずに営業している金融会社は違法といえます。金融会社から融資を受けようとする場合には、まずこの登録の有無を確認してから相談に行くほうが安全です。

そして違法な営業の例として多いパターンのひとつが法外な利率です。出資法では年20%の金利までしかとってはいけないといされているのですが、これを超えて金利をとっている業者も中にはあります。そのため、金利の利率に関しても借りる前によく確認することが大切です。また、債務者をおどすなどの方法によって債権を回収することももちろん違法です。暴力的な態度、そして大声、多人数での訪問や、正当な理由なく夜間に電話することなどは、はっきりと法律で禁止されていますので、このような取り立てに遭った場合は法的な措置をとることを検討しましょう。

  • コメントはまだありません

金融会社と銀行の違い

消費者金融や住宅金融会社、そして証券金融会社などがある金融会社ですが、特に比較的少ないお金を借りる際に多くの方が利用するのが消費者金融会社です。

この消費者金融会社は、同じ金融機関であっても銀行とは区別されるものです。銀行でもカードローンなど、一般の個人に対する貸付をおこなっています。では、銀行とこのような金融会社では、お金を借りる際にどちらが借りやすく、そしてお得に借りることができるのでしょうか?実際のところ、それほど大きな違いがないというのが正直なところです。

昔は「消費者金融は気軽に借りられる割に金利が高い、銀行はしっかりとした審査があり、だれもが借りられるわけではないが、金利が比較的安い」というイメージが大半でした。しかし現在では審査、そして金利ともに、あまり差はなくなってきています。また、NOLOANのように銀行に出向かなくても、インターネットで審査をし即日で借りられる金融会社もあります。インターネットが普及した今では、銀行へ行くよりも大変便利な時代となっています。そして、消費者金融会社と銀行の大きな差としては、総量規制が適用されるかどうか、というところです。総量規制は個人の借入金の総額を年収の3分の1に制限する法律ですが、銀行からの借り入れはその対象外となります。

インターネットで24時間リアルタイムお取引!
パソコン・ケータイから、手数料無料でご融資・ご返済が可能です。

しかし近年ではこの銀行と消費者金融の関係が変化しています。消費者金融が大手銀行のブランド力と信用力を頼って銀行の傘下に入り、銀行のグループ企業として消費者金融事業をおこなうということが増えたからです。

  • コメントはまだありません

金融会社とは

金融会社とは、何を指す言葉でしょうか?金融会社ときいて多くの方が真っ先に「消費者金融」を思いうかべることと思います。消費者金融も金融会社のひとつですが、しかしこればかりが金融会社ではありません。金融会社の定義は「金融を主に業務として扱っている会社」というものです。この金融とは「資金を融通する」の略であり、資金が余っている人から足りない人に融通する、というのが金融の役割といえます。金融会社には消費者金融の他に、実は住宅金融会社や証券金融会社というものも含まれます。この3種類の企業は、それぞれどんな業務をおこなっているのでしょうか?

まず消費者金融とは、個人向けに、現金でお金を貸し付ける会社のことです。そして無担保であることが多いです。この消費者金融では、消費性の資金としての貸付をおこなうため、借りたお金を事業の資金として使用することはできません。では、次に住宅金融会社というのはどういった会社でしょうか?

住宅金融会社とは、多くの方が利用している住宅ローンを扱っている会社です。個人向けの貸金業のひとつでもあり、「住専」という略称でも知られています。住宅ローンはかつて、この住宅金融会社が主に扱うものでしたが、しかし現在ではそれに限らず銀行なども参入しています。また証券金融会社は証券会社と取引をおこなったり、個人向けに証券を担保にしてお金を貸し付ける業者のことを指します。

このように金融会社は消費者金融だけのことを指すのではなく、多くの種類があります。

  • コメントはまだありません